巨人の肩に立ちたいゲイ

30代ゲイのブログ。ゲイとしての考えたことをアウトプットしたり整理したりするような場にできればと思っております。やまとなでしこの頃の堤真一が好きです。

既婚ゲイという概念、既婚ゲイへの観念

既婚ゲイの方に会いたいです。近頃、ゲイとして最低限修めるべきあれやこれや考えると、僕はゲイバーに一人で入ったこともなければ、3P以上の経験もないし、ウリ専にいったこともなければノーパンスウェットナイトに参戦したこともない。何もかもが未経験のつまらないゲイだなと思うのです。30も過ぎ、これらゲイとしての必修科目をスルーし続けるのはいかがなものかなと。そこで今、僕が一番興味を持っているのが「既婚ゲイ」なるものです。既婚ゲイと一戦交えたことがない、そもそも会ったことがない。

 

f:id:shoulders:20190810143121j:plain

洞察力がなさ過ぎて、仕事相手の薬指チェックとかいつも忘れる

 

世の中には、ゲイであるけれど女性と結婚もしている、なんなら子供もいる、という人がそれなりの数いるようです。男女をどの程度愛するかという度合は、みなさんグラデーションのようになっていて、自分のステータスがそんなファジーな状況下であれば既婚だけど男と性行為に至る男性なんてのもいて必然なわけですね。そして僕はその生態に非常に興味があるのです。なぜ結婚したのか、子供を産んだのか、セックスレスなのか、男性とヤる頻度はどの程度なのか、相手はどこで探すのか、やっぱりタチなのか、そもそも男とのセックスは上手なのか?まあ当然ながら個人差があるんでしょうけど、やっぱりいくつかのサンプルがないと話が始まりませんからね。

 

そこで直近数時間かけて「既婚ゲイ」というものについてリサーチをしてみたのですが、twitterやらブログやらで結構いろいろと赤裸々な告白があって、なかなかどうして面白い。なんかシンプルにゲイである僕も、もう少し複雑に生きたほうがいいんじゃないか、そのほうが人間らしいのではないかと思うほどでした。

 

まず第一に、多くの人にお子さんがいるということ。これは彼らの結婚本来の目的に立ち戻れば当然なのですが、結局は孫の顔を見せるとこまでいかないと意味がないんですよね。そのためにある種のリスクを取って結婚するという意思決定をしているわけですから。子供の可愛さには僕も同意するところですけれど、この「後継ぎを産まなきゃ」という謎の使命感?の結果として結婚・出産、果ては子育てまでしっかり終えられる人たちは凄いなと思います。僕の婚活遊びのような中途半端なノンケ擬態とはレベルが違うなというかんじ。気合入ってる!

 

shouldersofgiants.hateblo.jp

 

次に感じたのは、結構「奥さんだけは好き」というようなことを書いている人が多かったことですね。これに関してはいろんな見方があると思うのですが、僕の立場としては以前のエントリにも書いた通り、言葉通りの奇跡的な出会いなんてのはあり得ないと思っています。あくあまで何回目かのトライで、たまたま性的魅力を感じ得る、もしくは結婚するうえで嫌悪感を抱かない女性と巡り合えて、かつ相手も同じ認識であったということ。しかしながらね、結構疑問なのはみなさん男漁りについてはいろんなことを書かれているんですけど、女性のほうは漁らないんですよね。基本的に女性に対する性的興味の度合いが低い、ゲイよりのバイということだと解釈できると思うんですけど、ゲイよりノンケの女性のほうがよっぽど人数も多いし風俗の選択肢も広いと思うので、やはり腹落ちしない点があるな、と思ったりするのです。そもそも「奥さんだけは好き」というのが嘘であるとか、女性側に手を出すと法的に不貞行為に該当しちゃうからとか、ゲイなら一発のハードルが引くいとか、その辺も関係するのでしょうか。気になる!

 

shouldersofgiants.hateblo.jp

 

そして何より、既婚ゲイは既婚ゲイで集まって、そのなかで性欲を満たすことが多いようなのです。うーん、こんなコミュニティがあるとは知りませんでした。これに関しては非常に合理的で、ゲイみたいな配偶者もいない根無し草的な存在と寝るよりも、いろんな意味で制約のある既婚者同士のほうが秘密共有できそうな気がするのか。あとは結婚していることによる、所謂ノンケっぽさ、というのも効いているのかもしれないですね。結婚して子供産んじゃうくらいに「普通」でいることや世間一般の男らしさ規範を大事にする方々なので、既婚者のほうがテンション上がるんじゃないかな。その点でいうとさ、ゲイ同士よりも既婚ゲイ同士の集まりのほうがより画一性が高くて、ノンケの男社会に比べてもホモソーシャル度合いではピカイチなんじゃないかという気がしてきます。うむ、面白い考察。

 

このへんのことを飯でも食いながら教えてくれる既婚ゲイの人と出会いたいものです。字面からしてとんでもない自己矛盾を抱えている存在ですが、その実どのようにバランスをとっているのか、きっと僕なんかより悩みの深い存在だと思うので、僕のゲイとしての経験値を高めるためにはぜひともお目にかかりたいです。当然先方に選択権があるわけで、こんなブログ書いてるようなヤツには会いたくないのだろうけど。アプリでそのへんの記述を気にして探したことがないので、今後は少し注目してみようかしらん。あとは掲示板とかにいるという噂も耳にしますが果たして...

 

当然気になるのはイケるかどうかなのですけど。既婚ゲイのセックス上手い説って、そもそも女性を含めた挿入経験が豊富みたいなところからくるイメージなのかなと思っていて。そこも実際のところが知りたい。だってアナルのほうが全然狭いし締め付けもあるから、前戯でのほぐし方やピストンのやり方だって、女性相手の技術をそのまま転移できる類のものじゃないし。でも攻め方がいつもと違うってのがよいのかな。もちろん既婚者とやってる...というファンタジーで脳内麻薬出てる可能性もあるし。うん、まずは体験しないとだね。